こんばんわ。管理人の麗子です。

2人の子供を育ててる母親として
怖すぎる漫画を読みました・・・。

スポンサーリンク


それが、この漫画っ!

 

校舎のうらには天使が埋められている

 

「校舎のうらには天使が埋められている」
はイジメをテーマにした、衝撃的な漫画です。

お子さんがいる方は、閲覧注意かも・・・。

 

今回は、「校舎のうらには天使が埋められている」の4巻
ネタバレと感想をご紹介します♪

 

まだ読んでない方は、ネタバレ注意!

まんが王国なら、会員登録不要で、スマホで無料試し読みできます(^O^)
まんが王国はこちら

※「校舎のうらには」と検索窓に入力♪

スポンサーリンク


【4巻】校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ

音楽室で、4年2組のチツジョを乱す人間をさばく「わんこ裁判」が始まった。

 

菜々芽を陥れることに失敗した後堂理花と更田千尋は
「しけい」や「わんこ」の刑の前に、
あいの慈悲により、最後のチャンスを与えられ、千尋は自分を守るため菜々芽の命を狙う。

 

一方、菜々芽は、浜上優の家に向かうと、
滝に落とされたときに助けてくれた近藤に会う。

近藤は、自殺した曽良野のことを聞きたいと、優のところにきたのだった。

 

曽良野の描いていた漫画を読めば、
もっと曽良野のことがわかるかもしれない、と優は二人に伝える。

 

「ソラはあいちゃんに殺されたのかもしれない」

曽良野が落ちるところを教室で目撃した直後に
あいに会った優は、そのことでかなり動揺していた。

 

いじめから目を背けていた優も菜々芽も、逃げてばかりいたことを悔やみ涙を流す。

「もう逃げなきゃいい。過去は変えられない。だから…」

 

近藤の言葉が、菜々芽や優に響く。

菜々芽は、曽良野の家に行くが・・・

菜々芽は、曽良野の自宅に行き
お線香をあげさせてもらい、曽良野の部屋にあった漫画を見せてもらう。

しかし、漫画には、いじめについては書かれていなかった。

 

そのときに、曽良野の祖母が見せてくれた「秘密箱」
その1片を、クラスの中西という男の子が持っていたことを思い出す。

 

だが、中西は菜々芽になにかを知られまいとして、
階段から突き落としたリ、地球儀を頭めがけて落としたリ、菜々芽を阻止しようとする。

中西は、いったい何を知っているのか・・・。

 

そして、中西は菜々芽に告げた。

「…校舎のうらには天使が埋められている…」

【4巻】校舎のうらには天使が埋められている-感想

クラス一丸でいじめていた印象でしたが、
4巻では、いじめる側の生徒の心情に触れています。

いじめに積極的な者、怖くて従っている者などいろいろです。

 

優の幼馴染の隼人は、
菜々芽と話すことによって、いじめに抵抗する道を選びました。

 

理花を陥れるのに積極的だった吉井麗音奈
小1からの付き合いの優を、いじめたことで後悔している様子。

 

彼女は、いじめの中心人物のように見えましたが
「かいぎ」「わんこ裁判」には、出席していないようです。

 

逆に、いじめを通り越して、殺人まで平気でやりそうな「あいの王子様」の関。
10歳にして危険な男です。

 

そして、野呂瀬先生の代わりに赴任した目代先生も
4年2組のいじめに気付いたようで、野呂瀬先生に連絡を取るシーンがありました。

曽良野と一緒に飛び降りるはずだった男の子は、いったい誰・・・?

 

私は、スマホ電子コミックで読んでいます。

まんが王国なら、会員不要で、無料試し読みができるので、ぜひ、読んでみてくださいね♪
無料試し読みはこちら
※「校舎のうらには」と検索♪

【5巻】校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ

校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ一覧

校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ一覧はこちら