こんばんわ。管理人の麗子です。

2人の子供を育ててる母親として
怖すぎる漫画を読みました・・・。

それが、この漫画っ!

スポンサーリンク


 

校舎のうらには天使が埋められている

 

「校舎のうらには天使が埋められている」
はイジメをテーマにした、衝撃的な漫画です。

お子さんがいる方は、閲覧注意かも・・・。

 

今回は、「校舎のうらには天使が埋められている」の3巻
ネタバレと感想をご紹介します♪

 

まだ読んでない方は、ネタバレ注意!

まんが王国なら、会員登録不要で、スマホで無料試し読みできます(^O^)
まんが王国はこちら

※「校舎のうらには」と検索窓に入力♪

スポンサーリンク


【3巻】校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ

屋上の柵の外に手をつなぐ男の子と女の子。
女の子は、”1代目ソラ”こと、曽良野まりあ。

 

ネバーランドを目指して飛ぶソラ・・・。
ソラの手を放して、飛ばなかった男の子。

 

「信じてた人にうらぎられてかわいそうなソラ」

飛べずに、恐怖に怯え、うろたえる男の子の耳元で、
そう囁いたのは、蜂屋あいだった…。

菜々芽は滝へ突き落され・・・

4年生は、野外学習へ。

菜々芽は、そこで蜂屋あいの策略により
滝へ突き落とされ、危機一髪というところで
近藤 泉という、同じクラスの男の子に助けられる。

 

わざと道を間違えたのは理花。
突き落としたのは、蜂屋あいを「あい姫神様」と呼んで、崇拝している更田千尋。

菜々芽は、そのことを木戸先生に伝えようとするが、先生は聞く耳もたない。

 

キャンプファイヤーをしている最中に、曽良野の霊を見た菜々芽。
曽良野は、いったい何を伝えたいのか・・・。

 

菜々芽は、いじめの証拠を集めるため、
曽良野が飛び降りた理由が記録されたものがないか、探そうと考える。

“1代目ソラ”の曽良野まりあ

曽良野まりあは、まんがを描くのが得意な女の子。

みんなに漫画をばかにされて
つらい思いをしていたが、
続きを読みたいと言う仲のいい男の子もいた。

 

菜々芽を陥れるため、
「学校で飼っているうさぎを殺せ」とあいに命じられるが失敗し、
この日から曽良野は、わんことして扱われるようになった。

曽良野が仲良くしている男の子を、わんこにすると言われ暴れる曽良野。

 

ネバーランドへいけるかな?
と問う傷だらけのソラに、男の子は言った。

「行こう ネバーランドへ」

【3巻】校舎のうらには天使が埋められている-感想

飛び降りるシーンから始まる3巻では
1代目ソラ、曽良野まりあについて、詳しく書かれています。

 

どうやって死んだのか、
どんなふうにいじめられたのか、

などが書かれていて胸が締め付けられます。

 

菜々芽を嫌いながらも、
本当は菜々芽のようになりたかった曽良野まりあは
“悪魔”のいないネバーランドへ、行きたかったんですね。

 

やはり、原因はいじめでした・・・。

彼女にも好きなものがあって、好きな子がいて…
10歳で、生涯を自分でとじる必要などなかったはず。

 

曽良野まりあが、仲良かった男の子の名前は出てきません。

まだ謎のままです。
この男の子が誰なのかも気になります。

 

ソラの手を放し、飛び降りなかった彼は、どんな気持ちでいるのでしょう。

そして菜々芽は、
曽良野まりあの飛び降りの原因に、たどり着けるのかな・・・?

 

私は、スマホ電子コミックで読んでいます。

まんが王国なら、会員不要で、無料試し読みができるので、ぜひ、読んでみてくださいね♪
無料試し読みはこちら
※「校舎のうらには」と検索♪

【3巻】校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ

校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ一覧

校舎のうらには天使が埋められている-ネタバレ一覧はこちら